ニキビ跡のレーザー治療とピル処方を受けてみた

体質にあわない石鹸でニキビが酷くなり

純石鹸が皮膚に良いということを知り、今まで使っていた化粧石鹸から切り替えてみました。ところが、逆にニキビが悪化して、なかなか治らない日々が続きました。肌質によっては合わない可能性もあるとは知っていましたが、今までにないほどニキビが悪化して、顔じゅうにできてしまったのでショックでした。特にひどかったのが顎の下で、一面にポツポツ赤みのある発疹があらわれました。かゆくて仕方ないので、皮膚科で処方してもらったニキビ治療薬を使いましたが、1ヶ月くらい経っても新しい白ニキビが復活して、他のニキビは悪化していくという感じで、悪い方向にしか向かいませんでした。なんども引っ掻いてしまったため、ニキビ跡が残ってしまったのもショックでした。

治療 新宿 ニキビ跡 有楽町皮膚科

美容皮膚科に相談して治療もする事に

肌のターンオーバーに良いものを食べたりと色々頑張りましたが治らず、最終的には美容皮膚科でレーザー治療を受けることにしました。ニキビもたくさん残っていたので、それも一緒に治療できることを期待して受けました。1ヶ月に3〜4回のペースで2ヶ月くらい受け続けると、パラパラと顔じゅうにできていたニキビが減り、シミになってしまった跡も多少薄くなりました。これだけだと根本的な解決にならないと思って、ホルモン治療も受けてみることにしました。低用量ピルを処方されて、それをしばらく飲んでみています。レーザー治療は最初は怖かったですが、3回目くらいからだんだん慣れてきました。切る手術ではなかったので、あまり恐怖感もありませんでした。

つづく⇒気になるニキビの改善で思わぬ出費

回数をかけて丁寧にニキビ跡を治療しました

頬の一番目立つ部分に広がるニキビ跡が憂鬱で、友人とも会うのが嫌になっていた時期がありました。赤みとへこみが同時に広がっているタイプの跡だったこともあって、化粧でのごまかしがあまりできず、毎日憂鬱な思いをしていました。自分の顔やニキビの痕がこれほど気になるようになったのは就職してからのことです。お客様と対面することも多い仕事で、ふとしたことで先輩からニキビの痕について指摘を受けたことがきっかけでした。先輩としてはあくまで優しく指摘してくれましたし、その指摘自体ももう少し跡を隠すと私の顔だちも良く見えるといったような親切なものだったと思います。しかしニキビ跡があること自体をあまり意識していなかったため、先輩の指摘は私にとってかなりのショックでした。

外出もせずにいるうちに友人が心配してくれて、ニキビ跡が治療できることを教えてくれました。ニキビの治療については知っていたのですが、まさか跡まで治せるとは思ってもいなかったのでとても驚きました。さっそく友人がおすすめしてくれたクリニックを訪れ、現状についてお話しました。見て貰った結果では数回の地領は必要とするものの、それで肌が改善できるだろうとのことで、平静を装いながらも内心は泣くほど嬉しかったです。

この数回かかるというのがポイントで、肌の状態に合わせて治療を進めなければいけません。回数がかかることは覚悟していたものの、あまり多いと大変ですし、正直なところお財布にもダメージになります。10回以上になったらどうしようかと怯えていたのですが、私の場合ですと7回ほどの通院で完了することができました。おそらく回数は少しかかったほうだと思いますが、結果的に肌がとても綺麗になったので満足しています。ぼこぼことしたニキビ跡のせいで肌が歪んで見えていたのが、治療の成果でなめらかになり、指で触ってもするりと撫でられるようになりました。ぼんやりと広がっていた赤味も抑えられたと思います。全体的にニキビ跡が薄くなることで、顔立ちの印象も少し違って見えると友人にも褒めて貰いました。

治療が終わった後に職場の先輩にも見て貰いましたが、やはりニキビの痕が消えたことで、肌がとても綺麗に見えると言って頂くこともできました。赤味を隠すためにファンデーションを厚く塗るしかなかったところを、根本的な改善をすることで厚塗りをせずに済んだのも嬉しいです。もしファンデーションで誤魔化していたら、きっとそのままニキビの跡は放置していたと思います。それで済むならいいのかもしれませんが、どんどんメイクを厚くしてしまうような気もしたので、抜本的な解決はやっぱり必要だったとも思います。

自分の顔は毎日見るものですし、見ているうちに顔の状態にいつのまにか慣れてしまっています。肌の状態が酷くても、そんなものだと思ってしまうのです。私の場合のように、他者からの指摘であらためて認識して、大きなショックを受ける人もいるのではないでしょうか。そういった時には私のようにぐずぐずと長い間暗く悩むよりも、素早くニキビの痕を治療してしまうのは、改善策としていい方法だと思います。通院回数はかかりましたが、その分だけ丁寧に接して貰うことができましたし、肌の様子を見ながらのことだったので不満はありません。肌の程度によっては私よりも回数が少なく済む場合も当然ながらあると思います。いずれであっても通い続ければきっと肌は改善されます。あの時、ニキビ跡を治そうと決意した自分を褒めてあげたいです。そして指摘してくれた先輩や、クリニックを紹介してくれた友人、クリニックの先生やスタッフさんにもとても感謝しています。


☆TOP☆